インフルエンザ

インフルエンザと風邪の症状の違い

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。

  • 38℃以上の発熱
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 全身倦怠感

等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。
併せて普通の風邪と同じように、

  • のどの痛み
  • 鼻汁

等の症状も見られます。

お子様はまれに急性脳症となったり、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴うなど、重症になることがあります。
インフルエンザの場合、特に治療を行わなくても、通常発熱が2~3日持続した後、1週間程度で回復します。
これに対し普通の風邪の場合、のどの痛み、鼻水、咳などの症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。

 かぜ(普通感冒)インフルエンザ
主な症状鼻水、せき、くしゃみ頭痛、筋肉痛、関節痛
微熱38〜40℃
悪寒軽い強い
進行ゆるやか急激
合併症少ない気管支炎、肺炎など
発生状況散発性流行性(12月〜3月下旬)
病原菌ライノウイルス、アデノウイルス、コロナウイルス等インフルエンザウイルス