アレルギー性鼻炎

通年性アレルギー性鼻炎とスギ花粉

通年性アレルギー性鼻炎

通年性アレルギー性鼻炎

通年性アレルギー性鼻炎とは、くしゃみ、鼻水、鼻づまり等のアレルギー症状が、季節を問わずあらわれる疾患です。
通年性アレルギー性鼻炎の主なアレルゲン原因は、ダニ、カビ(真菌)、昆虫、ペットの毛等が知られています。
鼻の症状だけでなく、目のかゆみや涙目をともなうこともあります。
鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会のアンケート調査の結果、日本人の23.4%の人が通年性アレルギー性鼻炎であることがわかりました。
通年性アレルギー性鼻炎の主な原因として考えられるダニは、暖かく湿気のある布団やじゅうたん、畳などを好みます。

花粉症

スギ花粉症は、スギ花粉がアレルゲン原因となっておこるアレルギー疾患です。
主にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ等のつらいアレルギー症状をともない、その症状によって日常生活の様々な場面で影響を及ぼすことがわかっています。
鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会のアンケート調査の結果、日本人の26.5%の人がスギ花粉症であることがわかりました。
スギ花粉は、春先に飛んでスギ花粉症を引き起こします。季節によって、スギ花粉以外にヒノキ、シラカンバ、ハンノキ、カモガヤ、ホソムギ、ブタクサ属、ヨモギ属、カナムグラの植物の花粉が花粉症を引き起こすことも知られています。

アレルギー性鼻炎の治療法

アレルギー性鼻炎の治療法の一つに、アレルゲン免疫療法があります。
アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因となっているアレルゲンを少量から投与することで、身体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげたり、日常生活に与える影響を改善するなどの効果が期待されています。

これまでのアレルゲン免疫療法は、医療機関で皮下に注射する「皮下免疫療法」だけでした。しかし最近では、舌の下で治療薬を保持する「舌下免疫療法」の薬が登場し、自宅で服用できるようになりました。