アレルゲン免疫療法

アレルギー性鼻炎のアレルゲン免疫療法とは

アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、身体をアレルゲンに慣らし、根本的な体質改善が期待できる治療法です。
原因となるアレルゲンを用いて行う治療法のため、原因となるアレルゲンを確定する確定診断が重要です。

アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状を抑える可能性のある治療法です。
完全に症状が抑えられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の使用量を減らすことが期待できます。

アレルゲンを投与することから局所や全身のアレルギー反応が起こる恐れがあり、まれに重篤な症状が発現する場合があります。

治療は3年~5年にかけて長期間かかります。
正しく治療が行われると、初めてのスギ花粉飛散シーズンから症状を和らげることが期待されます。
年単位で継続することで根本的な体質改善が期待できると考えられています。

アレルギー性鼻炎
皮下免疫療法
アレルギー性鼻炎
舌下免疫療法
 皮下免疫療法舌下免疫療法
投与方法皮下に注射舌下に投与
投与する場所病院で医師の元に実施自宅で服用
(初回投与のみ医師の元で服用)
痛み
(注射による)
ありなし
治療に対する
患者さんの理解
必要皮下免疫療法より
詳しく必要

皮下免疫療法は、皮下に注射する治療法で医療機関で行われます。注射であるため痛みを伴い、さらに治療の始めは徐々に増量するため頻回に通院が必要になります。

舌下免疫療法は、舌下に治療薬を投与するため、皮下免疫療法のような痛みが無く、自宅で服用できます。しかし服用量や服用方法、副作用に対する対応等、医療機関で行う皮下免疫療法と比べて、より治療に対する患者さんの理解が必要な治療法です。

日本における舌下免疫療法では、スギ花粉症とダニアレルゲンによる通年性アレルギー性鼻炎が保険適応となっています。