舌下免疫療法

舌下免疫療法

通年性アレルギー性鼻炎でアレルゲンが原因、またはスギ花粉症と確定診断された患者さんは、舌下免疫療法による治療を受けることができます。

服用期間の例

  • 1日1回少量から服用を始め、その後決められた一定量を数年間にわたり継続して服用します。
  • 初めての服用は、医療機関で医師の監督の元に行い、2日目からは自宅で服用します。
    ※少なくとも1か月に1度(新医薬品の場合は、発売後約1年間は2週間に1度)受診が望まれます。

服用の方法例

アレルギー性鼻炎

治療薬を舌の下に置き、お薬毎に定められた時間保持した後、飲み込みます。
その後5分間はうがい・飲食を控えます。
スギ花粉症の場合は、スギ花粉が飛んでいない時期も含め、毎日服用します。

服用時に避けること

服用する前前後2時間程度は、激しい運動、アルコール摂取、入浴等は避けるようにしてください。

舌下免疫療法
激しい運動
舌下免疫療法
アルコール摂取
舌下免疫療法
入浴

効果を発揮するメカニズム

効果を発揮するメカニズムは、十分に解明されていません。
舌の下から入ったアレルゲン(スギ花粉)が体内で反応し、アレルギー反応を抑制する免疫反応が起こることで症状が抑えられると考えられています。