喘息

喘息の治療薬

気道の炎症を抑えることが喘息治療の基本

喘息の治療薬には、起こってしまった発作をしずめるお薬と、発作が起こらないように毎日継続するお薬の2種類があります。

毎日継続するお薬には、気道の炎症を抑える吸入ステロイド薬、狭くなった気道を拡げる長時間作用性吸入β2刺激薬、この2種類のお薬が1つの吸入器に入った配合剤、気道を拡げたり気道の炎症を抑えたりするロイコトリエン受容体拮抗薬、気道を拡げるテオフィリン徐放製剤、喘息のアレルギー反応を抑える抗lgE抗体などがあります。

この中で、吸入ステロイド薬が基本の治療薬として位置づけられています。吸入ステロイド薬は、薬剤の特性として局所に抗炎症作用をしますため、比較的少ない量で用いられます。