喘息

喘息の治療は炎症を抑えることが大切

発作止めのお薬で症状を抑えられる?

喘息の患者さんにとって最もつらい症状は発作です。そのため発作を抑えることが喘息の主たる治療であると勘違いしてしまいがちです。
発作止めのお薬で症状を抑えることも大切ですが、症状を抑える発作止めのお薬だけでは、氷山の一角を治療しているにすぎません。
喘息の原因は気道の炎症であるため、炎症に対する治療を行わなければ、発作が繰り返し起こりさらに苦しい症状を招くことになります。

喘息の治療は症状がない状態をいかに続けるかが重要

喘息では、症状がないときでも常に軌道に炎症があります。気道に炎症が残っていると、ダニやカビなどのアレルゲンやタバコの煙、風邪などの刺激が加わったときに、再び発作を起こしてしまいます。
そのため、気道の炎症を抑える治療を継続することが最も大切です。

症状がなくなってくると毎日の治療を忘れたり、自己判断で止めてしまう事があるかもしれません。
しかし、症状がなくなっても気道には炎症が残っているため、再び発作を起こしてしまいます。再び発作を起こさず健康な人と変わらない生活を送るために、毎日の治療を継続することが大切です。