喘息

ステロイドには、飲み薬、注射薬、吸入薬などがある

吸入ステロイド薬は吸入後にうがいを行いましょう

ステロイドには、飲み薬、注射薬、吸入薬などがあります。
飲み薬や注射薬のステロイドは、血液に入って全身を循環し、吸入ステロイド薬は薬剤の特性として局所に抗炎症状作用を示します。
飲み薬や注射薬では副作用として、感染症や消化器症状が現れることがあります。吸入ステロイド薬では、口腔カンジダ症、声がれ、のどや口腔内の違和感などといった局所の副作用があるので、予防のため吸入後にうがい(あるいは水を飲む)を必ず行いましょう。

飲み薬・注射薬のステロイド

ステロイド薬
  • 症状悪化時にしようすることが多い
  • 全身に作用する
  • 主な副作用としては、感染症、消化器症状などがある
  • 長期で使用すると、副腎皮質抑制、骨粗しょう症、白内障などが起こることもある

吸入ステロイド薬

ステロイド薬
  • 症状が出ないように毎日継続して使用する
  • 気道に直接作用する
  • 主な副作用としては、口腔カンジダ症、声がれ、のどや口腔内の違和感などといった局所の作用がある
    (うがいによって軽減することができる)
  • 薬剤の特徴として、局所に抗炎症作用を示す、また比較的少ない量で使用される