喘息 吸入薬

吸入薬の種類と働き

喘息治療には、吸入薬がよく使われます。 吸入薬には毎日規則的に使う長期管理薬と、発作が起きたときだけに使う発作治療薬があります。 さらに長期管理薬には、ICS(吸入ステロイド薬)長時間作用の吸入および経口気管支拡張薬があります。 それぞれの薬の働きを正しく理解しましょう。

長期管理薬

気道の炎症を抑える、あるいは気管支を長時間拡げることによって、発作のない状態を維持するための薬剤です。
症状や発作がなくても毎日規則正しく使用してください。

吸入ステロイド薬  

  • 喘息の本態である気道の炎症を鎮める長期管理薬です。喘息の悪化を防ぐ効果があります。
  • 直ぐに効果が現れる薬剤ではありません。発作時には使わないでください。
  • 毎日規則正しく吸入しましょう。

炎症に作用

長期間作用の(吸入・経口)気管支拡張薬

  • 気道を拡げる効果が長時間続き、喘息の症状を出にくくする長期管理薬です。
  • 吸入直後に効果が現れる即効性の吸入気管支拡張薬にくらべ、ゆっくり効果が現れます。発作時には使わないでください。
  • 毎日規則正しく吸入・服用しましょう。

症状に作用

吸入ステロイド薬と長時間作用の吸入気管支拡張薬による配合剤もあります。

発作治療薬

発作を速やかに和らげるために症状があるときだけ使用する薬剤です。

即効性の吸入気管支拡張薬

  • 発作を速やかに鎮めるための発作治療薬です。
  • 発作の始まりや発作がひどくなる前に吸入すると効果的です。
  • 1回の吸入量を守りましょう。
  • 発作時の乱用は危険です。医師から予め指示された回数を吸入しても効果が見られない場合には、速やかに医師の治療を受けましょう。

発作に作用